コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

この高度感にて


 こんにちは、juni*です

 富士山ガイドのオフ日
台風が来る前の貴重な梅雨の晴れ間

ここは登りに行っておかないとっ


ということで、富士山ガイド同期の
めっちゃ登れるクライマーと一緒に小川山へ

1ベロ出しはチベットの挨拶


ときに、ベロ出しはチベットの伝統的な挨拶なのだとか、、、


今回は山友がボクでも楽しめるルートとのリクエストに応えてくれて
小川山 烏帽子左稜線のマルチに

2登れるクライマーと



クライマーな彼はスルスル登って行きます


でもやはり小川山の花崗岩リッジは快適ですね

3小川山の花崗岩リッジは快適




渋い顔でも余裕です

4渋い顔でも



入山が遅かったので、午後には怪しげな雲をバックに登ることに

5怪しい雲をバックに登る



途中、以前に登ったという、
たぶん初登?の3連クラックを背にどや顔な山友

6初登ハテナにどや顔




 で、今回のボクの核心がコレ

7人生初クラック



人生初クラックです

幅もちょうどいいし高さも6〜7m程しか無かったのですが、、、

8人生初クラックはこの高度感にて



人生初クラック、この高度感にて


適切なアドバイスのおかげで何とかノーテンションで行けました
ありがとうです!



 そして時刻は三時半

川上村の谷からもの凄いスピードで雨雲がなだれ込んできて、
あっという間に雷雨に

終了点まで残り3ピッチというところでしたが、

9雷雨撤退しました


雷雨撤退としました。

いや、撤退させてもらった?笑





スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。