コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

非対称の理由は

 こんばんは、juni*です

 那須での生活もあとわずか
やり残した事をやっておかねばと
那須岳に向かう

 冬は大丸から道路を縫うように森を登っていったが
夏は峠の茶屋まで車で行ける
新雪のラッセルで苦しんだ道が嘘のよう

峠の茶屋から見上げる朝日岳

1峠の茶屋からの朝日岳


那須岳は茶臼岳、朝日岳、三本槍ヶ岳などを含む五連山

全部縦走したかったが時間の関係で
今回はメインの茶臼と朝日の二山だけにする


登山口にある狛犬

2狛犬が守る山


かわいいお揃いの頭巾をかぶりながら
那須岳を守っている


ときに、ふつう狛犬は左右の形が違う

向かって右側は口を開いた角無しの「阿像」
左側は口を閉じた角ありの「吽像」

二匹で一つ
正に「阿吽の呼吸」で神使を勤めている

ところで、
どうして左右非対称なのだろう?



 森林限界が低いのも火山の特徴の一つ
那須岳も1400 mほどで森を抜ける


南に見上げる茶臼岳

3茶臼を見上げて


ザレザレの山肌と形
まるで浅間山を小さくしたようだ


 水しか持たない超軽装登山
一時間ほどで茶臼岳の山頂に立つ

4茶臼頂上は人だらけ


平日にも関わらず沢山の登山客
ロープウェイもあるので
ビーチサンダルの強者?もチラホラ


 茶臼岳から向かい側の朝日岳を眺める

朝日岳


南側のなだらかな山容の茶臼岳
北側の武骨な山容の朝日岳

山も狛犬と同じく非対称だ


日本人は不完全さに美を感じるのかもしれない
非対称というのも対称性にとっては不完全

これが狛犬の非対称の理由なのかな












スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。