コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

最後に見えた木曽駒ヶ岳

 こんばんは、juni*です

 九月初めの木曽駒ヶ岳登山

 雲の中の山頂
雨もぱらついてきたのですぐに下山開始

そういえば登りはじめから
まともに木曽駒ヶ岳を見れていないな...

ピークハントではもったいないので
北側にぐるりと縦走して
茶臼山からもとの登山口に戻る事に


 下山開始から半時程
稜線からの展望はすっかり諦めていたのだが...

13茶臼山に続く中央アルプスの稜線

すばらしい稜線!
ここぞとばかりに雲が抜けてくれた

初めての中央アルプスの稜線
森深い南アルプスと見通しの良い北アルプス
両方を足して割ったような稜線だと感じた


 こちらは大正の大遭難の慰霊碑

14遭難慰霊碑

沢山の子ども達が落雷にあったという悲惨な事故

犠牲者の冥福を祈りつつ先へ進む


 完全に雲が抜けて現れた
中央アルプスの太陽

15中央アルプスの太陽

山の楽しみの一つだ


 茶臼山を過ぎて完全な下山道になったとき、
こんなうれしい光景が!

16最後に見えた木曽駒

最後に見えた木曽駒ヶ岳

やはり、立派な山だ



日帰りでは結構ハードだった山行

17夕暮れが迫る


明るいうちに降りないとな...








スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。