コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

山の上は冬か、それとも春か?


 こんばんは、juni*です。

 山を登る人、
とりわけ北アルプスに魅了された人なら一度は挑戦してみたい山、奥穂高岳。
本邦3位 3, 190 mの標高もさながら、西穂高岳から奥穂高岳へ延々と続く岩の稜線は、
まさに「アルプス」と名付けられた根拠でもあるのだろう

地図を見ても、ナイフリッジ、馬の背、ロバの耳など、
そのシャープな形状を想像するに足る名前が踊っている岩稜帯

中でもジャンダルム(前衛)は、
奥穂高岳を目指す登山者にとって最後の壁となる岩の塊

そんな山域にいつかは行ってみたいと思っていたが、
遂にその日がやってきた

3月末、残雪期。

マッキンリーへ向けたトレーニングとして、
西穂高岳から奥穂高岳へ、単独縦走を試みる

街では桜の季節

さぁ、山の上は冬か、それとも春か?


1冬か春か



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。